『EVE ZERO』はPlayStation専用のアドベンチャーゲームである。2000年、ネットビレッジが発売した。「EVE」シリーズのコンシューマータイトルはイマジニアが発売していたが、このタイトルからネットビレッジが発売を開始した。これはイマジニア当時の「EVE」プロジェクトの担当者がネットビレッジに移籍したことに起因している。ゲームディレクターはネットビレッジと姫屋ソフトのそれぞれに存在し、ネットビレッジのゲームディレクターは浦本昌宏だ。

概要

ストーリーは1作目「EVE burst error」の2年前の事件である。「EVE」シリーズではおなじみのゲームシステム「マルチサイトシステム」に加えて、本タイトルから「フォーカスモード」が追加となった。マルチサイトシステムは、ふたりの主人公「天城小次郎」「法条まりな」のそれぞれの視点に切り替えて、事件の真相究明を図るものだ。フォーカスモードは、会話画面で話を聞きたいキャラクターを選択することでより詳細な情報を得ることができるというものだ。

ゲーム内容

ストーリー

『EVE burst error』の2年前を舞台に、桂木探偵事務所の所長代理「天城小次郎」と警視庁公安第六課の敏腕捜査官「法条まりな」の2人の主人公が連続猟奇殺人事件に巻き込まれ、やがて事件の真相にせまっていく。

マルチサイトシステム

EVEシリーズの伝統である「ふたりの主人公の違った視点からひとつのストーリーを追う」システム。

フォーカスモード

 本作では新たにフォーカスモードを搭載。ふたりの人物との対面中、片方に近付いてその人物とだけの会話をする場合に使用する。通常の会話だけでは得られない情報を聞き出すことができる。ストーリー進行とは関係ない場面でも使用は可能で、普段とは違う相手の反応を見ることができる。

データ

発売年 2000年
対応機種 PlayStation
メーカー ネットビレッジ
開発会社 姫屋ソフト
ジャンル アドベンチャーゲーム
販売数 8万本
受賞歴  

購入

公式サイト