『サスケVSコマンダー』はアーケード向けシューティングゲームである。1980年、新日本企画(後のSNK)が発売した。トーセが開発を担当した。

概要

サスケVSコマンダー

一世を風靡したナムコの「ギャラクシアン」の忍者版と考えていい。自機はサスケ(忍者)で、CPUはコマンダーである。コマンダーは画面上からサスケをめがけて飛来したり、攻撃を発してくる。時には編隊を組んで飛来することもあり、この編隊を一気に撃退すると高得点となる。この仕組みは「ギャラクシアン」に似ている。ただし、このゲームならではの魅力もある。それはボスキャラが存在することだ。各面ですべてのザコを撃破するとボスキャラが登場する。実に、このボスキャラの攻撃パターンは多彩で、さまざまな忍術で攻撃してくる。この攻撃をみたくて、誰もがコインを投入したのだ。

ゲーム内容

2方向レバーで自機である「サスケ」を左右に動かしボタンでショットであるクナイを発射し敵を攻撃する。シーンはザコ戦とボス戦の2つで構成されており、これらを1周することで1面クリアとなる。まずザコ面で画面上部から飛来してくる赤と緑のザコ忍者を撃退していき、一定量のザコを倒すとボス忍者が登場してサスケと一対一での対決となる。このボス忍者に勝てば面クリアとなり、再びザコ面に戻り以降はこの流れを繰り返していく。またボス忍者に負けても残機があれば再戦をせずにザコ面に戻り、タイムオーバーになってもザコ面に戻りゲームは進行していく。面が進むごとにザコの攻撃は激しく移動スピードも速くなり、ボス忍者も毎回異なった忍術で攻撃してくる。

登場人物

サスケ

プレイヤーキャラクター。忍者ものによくある黒装束などでなく、戦国時代・江戸時代に見られる庶民の格好をしている。画面下部に位置してレバーで左右に動き、ボタンを押すとクナイを発射する。また3面以降はパワーアップして自動的にダブルショットになる。

下忍(ザコ忍者)

赤色と緑色の装束を着たザコ忍者。ゲームが始まると画面の左右から現れ、やや斜め下に滑空飛来しながら手裏剣を飛ばしてくる。サスケに撃たれたザコ忍者は真下に落下してくるが、この撃ち落とした敵に当たってもミスとなるため、ビデオゲームにおけるシューティングゲームでは初の撃ち返し弾とされている(ゲーム雑誌『ゲーメスト』に記述)。初回は赤が登場し40点、全滅させると今度は緑が登場し80点と、色と点数以外はまったく同じである。面が進むと飛来するスピードも速くなり攻撃も激しくなる。

中忍(ボス忍者)

赤と緑のザコ忍者を全滅させると、雷鳴とともに現れるボスキャラクターの忍者。このボス忍者はゲーム名のコマンダー(司令官)に由来する。デザインは侍・君主風と虚無僧の2種類があり、面ごとに異なる多彩な忍術で攻撃してくるのが特徴。ボスの耐久力はカワリ身の術 以外は1発だが射撃や回避が著しく困難な状況であり、忍術を上手く回避しつつ狙う必要がある。画面下部の赤いゲージが無くなるまでに倒せば面クリアとなり、プレイヤーは残りタイムに応じたボーナスが得られる。なお時間内にボス忍者を倒せないと強制的に次のステージへ飛ばされボーナス得られない。なおサスケがボス忍者にやられると、両端から赤と緑のザコが踊りながら登場してサスケを挑発するというコミカルな演出がある。この場合はボスと再戦せずに残機を消費して次のステージへと進む。

ボスの使用忍術

  • 火炎の術
  • 分身の術
  • 飛竜剣の術
  • 変身火炎の術
  • カワリ身の術 (3回当てる必要あり)
  • 春花の術
  • 変身分身の術
  • 変身春花の術

データ

発売年 1980年
対応機種 アーケード
メーカー 新日本企画(のちのSNK)
開発会社 トーセ
ジャンル シューティング
販売数  
受賞歴  

購入

公式サイト