『ストリートファイター3』は、カプコンが開発・販売した2D対戦型格闘ゲーム。1997年にアーケードゲームとして『ストリートファイター3 NEW GENERATION』が発表された。『ストリートファイター2』の正統な続編。ストリートファイター2の空前の大ヒットから満を持して発売され、注目を集めたが、ストリートファイター2程の人気、ヒットではなかった。要因としては、格闘ゲームの人気が下降であったこと、ストリートファイター2ユーザーの3へ期待する気持ちが過剰であり、その期待感を越えられなかったこと、新キャラクターの魅力も弱かったことがあげられる。

従来シリーズの主人公であったリュウを脇役に据え、アレックスという「新世代」(New Generation) の主人公に変更し、また登場する12人のキャラクターのうちリュウとケン(後に豪鬼・春麗も登場)を除く全てを新キャラクターに刷新することで、『ストリートファイター2』、『ストリートファイターZERO』とは違う印象を与えた。ドット絵による膨大なパターン数を使用し、滑らかにアニメーションする。アーケード版はシステム基板CPS-3上で動作する。CPS-3は『3』のために開発された側面が強く、綺麗なアニメーションもこの基板の性能によって実現した。最大の特徴として、相手の攻撃を「捌く」攻防一体の動作であるブロッキングが挙げられる。

データ
発売年:1997年
対応機種:アーケード
メーカー:カプコン
ジャンル:対戦格闘
価格:
販売本数:
ダウンロードURL:
公式サイト: