陣取りアクションゲーム『クイックス』の続編

『スーパークイックス』は1987年にタイトーから発売された陣取りアクションゲームである。ゲームの内容としては『クイックス』の続編にあたる。開発はタイトーとカネコのダブルネームで公表されているが、一般的な受発注関係から推測するとメインの開発はカネコが担当したものと考えるのが普通である。ゲーム内容は原作と同じであるが、ハードの進化により、グラフィックとサウンド面が強化されている。

スーパークイックス(AC)

ゲーム概要

ルール

4方向レバーと1ボタンでダイヤ型のマーカーを操作する。ボタンを押しながらマーカーを操作して線を引き、画面上で動いているクイックスやスパークに当たらないように囲むと自分の陣地となる。ボタンを押していないときは既に引いた線の上しか移動できない制約がある。画面内で自分の陣地を増やすとラウンド固有の隠された絵が陣地内にモノトーンで浮かび上がり、75%以上のエリアを占領するとステージクリアとなる。クリアの際には、クリアのパーセント数値に応じたJokerカードキャラが出現し、隠された絵を画面上に全て表示して色が付きアニメーションのデモが表示される。全16ラウンド(ループ制)には、ラウンド毎にそれぞれ固有の絵があり、様々なデモンストレーションが用意されている。

スーパークイックス・ゲーム画面(AC)
スーパークイックス・ゲーム画面(AC)

クリア条件

ゲームのクリア条件はクイックスから陣地の占領以外にも追加された。

  • 画面内で自分の陣地を75パーセント以上を占領する。
  • ラウンド毎に設定されたキーワードを完成させる。
  • ワープアイテムを取る。
ミスの条件

基本的に、ミスの条件は原作と同じである。

  • 画面内を動き回るクイックスにプレーヤーが線を引いてる間に接触する。
  • 境界線をたどってくる敵のスパークに接触する。
  • 線を引く際に移動を止めた際に出現する火のエフェクトに触れる。(火のエフェクトは、線を引く際にあまり時間をかけすぎるとライン沿いに自機へ向かって迫ってくる。)
コンティニュー

原作ではゲームオーバー後にコンティニューは無かったが、本作ではコンティニューシステムが導入され、ゲームオーバー後もそのラウンドから継続プレイができるようになった。また、98パーセント以上でラウンドをクリアすると1クレジットサービスとなる。

アイテム

アイテムは計6種類が登場する。ゲームの進行が有利になるものばかりで、お邪魔アイテムは出現しない。

  • バリア:スパークに接触した際に1度だけミスを防いでくれる。
  • ハリー:プレーヤーの移動スピードが向上する。2段階までスピードアップする。
  • ストップ:画面上の敵の動きを一定時間停止させる。
  • ワープ:次のステージにワープする。ただし、クリア後のデモは見られない。
  • エキストラ:プレーヤーの残数が1UPする。
  • ダブル:プレーヤーが2機出現する。

『クイックス』から進化は遂げた

原作である『クイックス』からはハードの性能も進化し、グラフィックやサウンドも進化した。ゲーム内容は、原作から新規の要素が追加された。

グラフィックはボンジャックに似ている

最初に『スーパークイックス』を観た時の個人的な印象はボンジャックとグラフィックのテイストが似ている印象を受けた。ボンジャックも固定画面でステージクリア毎に背景が変化するが、背景画像は城や歴史的な建造物であったり、背景に様々なグラフィックを表示させていくという点は、当時のゲームにはジャンル問わず多かった。

「スーパー」であっても原作は越えられない

ゲームの企画背景には、大ヒットした『クイックス』を数年の時を経て、新規要素を盛り込んで復活させようという意図は想像できる。また、企画背景の通りに、グラフィックやサウンドもパワーアップし、新規の追加要素も搭載された。しかし、原作よりも印象に残らず、過去の遺産となったことは紛れもない事実である。原作が発売された当時は、オリジナリティーが強く、実際にプレーをしないゲーマーでも印象には残っているが、その続編からは原作を超えるだけのインパクトを演出することができなかった。

なにが「スーパー」かを知りたい

原作を屍のようにプレーしたプレーヤーであれば、当然、続編である本作も気になってプレーしたことはあるだろうが、この記事ではじめて「スーパー」の存在を知ったプレーヤーには、この「スーパー」をプレーして原作を超えているかどうかを確かめて欲しい。

データ

  • 発売年:1987年
  • 対応機種:アーケード
  • メーカー:タイトー
  • 開発会社:カネコ
  • ジャンル:アクション
  • 価格:有料
  • 販売数:
  • 公式サイト:
  • ダウンロードURL:

appstore
googleplay