2000年に発売されたプレイステーション用ソフト。ファイナルファンタジーのナンバリングタイトルで9作目。

■主なゲームシステム
・アクティブタイムイベント
物語の節目で発生するアクティブタイムイベントは、見るかどうかをプレイヤーが選択できるイベント。画面の左下に、アクティブタイムイベントが発生中であることを表す文字が出ている時ならばいつでも、セレクトボタンをしてイベントを見ることができる(例外として、文字がグレーの場合はオートでイベントを見ることになる)。アクティブタイムイベントを見なくても物語が進められるが、見ておけばストーリーの裏側や登場人物の一面を知ることができ、物語の感情移入度は高まる。
・アクティブタイムバトル
ファイナルファンタジー9の戦闘システムは、常に時間が流れているアクティブタイムバトルになっている。また、バトル中に選択できるコマンドは、キャラクターごとに違っている。それぞれのキャラクターが実行できるコマンドを考えて、状況に沿ったストラテジーを立てることがバトルで勝利する近道。また、本作では、敵から攻撃を受けてトランスパワーが満タンになった時、キャラクターは、身体が光ってトランスする。トランス中は、攻撃力が上がるほか、実行できるコマンドが変化して特殊な攻撃を行うことが可能。強い敵と戦うときにトランスするように、トランスパワーを事前に調整しておくのも有効なストラテジー。
・アビリティ
ファイナルファンタジーではお馴染みのシステム。特殊な能力「アビリティ」を駆使することで、戦闘より有利に進められる。アビリティを使うためには、アイテムを装備すると、そのキャラクターの潜在能力が引き出され、アビリティという形で使用することができる。アイテムを装備から外してしまうと、引き出されていたアビリティは使えなくなるが、アイテムを装備したままバトルを繰り返して「マスター」すれば、装備をはずしてもそのアビリティが使える。使いたいアビリティを、マスターするのか、それとも必要なときだけ装備を取り替えて使えるようにするか、プレイヤーが選べる。アビリティをマスターするには、それぞれのアビリティに設定されている量のアビリティポイントを貯めなければならない。アイテムを装備したままバトルに勝利すると、引き出されているアビリティにアビリティポイントが加算されていく。たまっているアビリティポイントの量は、メニュー画面の「アビリティ」でカーソル合わせたり、「ステータス」でコントローラーの⚪︎ボタンを押せば確認可能。
・ クアッドミスト
世界で大人気のカードゲーム「クアッドミスト」をゲーム内でプレーすることが可能。このカードゲームの基本ルールは、プレイヤーと対戦相手は、手札にした5枚のカードを4 × 4マスのフィールドに1枚ずつ交互に置いていく。カードの置き方次第では、相手のカードを裏返して自分のものにすることが可能。両者がすべてのカード出し終えた時、自分の色のカード枚数が多い方が勝利となる。
・チョコボ育成
チョコボの能力値をあげたりチョコボを進化させていけば、冒険できる世界が広がっていく。チョコボがいれば『ここほれ!チョコボ』がプレーできる。とある場所でチョコボに出会うと、乗り物として利用できるだけではなく、チョコボに乗ったまま特定の場所に入ることで、ここほれ!チョコボを遊べるようになる。ここほれ!チョコボは、制限時間内に、各所に埋もれている相手も掘り出していくミニゲーム。ミニゲームは、他にも縄跳び、カエルとり等がある。

■登場キャラクター
・ジタン・トライバル
誰かを助けるのに理由がいるかい?
・ガーネット・ティル・アレクサンドロス17世
「王女らしく」ではなく本当の自分を確かめたいの
・アデルバート・スタイナー
人のために生きる事は、真に自分のためなのか教えて欲しい。何のために人は生きるのか
・フライヤ・クレセント
想い続けることの辛さより忘れらることが怖いのじゃ
・ビビ・オルニティア
生きてるってこと証明できなければ死んでしまっているのと同じなのかなー
・クイナ・クゥエン
好きなことやってて悪いアルか!!だけど、たまには叱ってほしいアルよ
・サラマンダー・コーラル
自分が何をしたいか、何ができるのか、今その答えを出せと言うのか
・エーコ・ キャルオル
大丈夫だなんて思わないで、ひとりでいると寂しさがいっぱいやってくるの

ファイナルファンタジー9

データ
発売年:2000年
対応機種:プレイステーション
メーカー:スクウェア
ジャンル:RPG
価格:有料
販売本数:
ダウンロードURL:
公式サイト: