非売品の光るゲームボーイである。

1997年にイマジニアが発売したNINTENDO64専用ゲームソフト『マルチレーシングチャンピオンシップ』のキャンペーン賞品として製造されたゲームボーイポケットで、特殊な塗料により、ゲーム機本体が暗闇で光る仕様である。通常、メジャータイトルを持つゲームメーカーがハードメーカーとコラボして、相互の拡販のためにソフトのイメージをハードへプリントすることは良くあるが、ゲーム機のハードの塗装素材を工夫して非売品として提供するケースはほとんどない。この偉業の仕掛け人は現ロケットカンパニーの飯田就平氏である。

他のコラボハードは前述の通り、ゲームソフトのロゴマークやキャラクターをプリントする程度だが、ハードが光るというものはない。アラフォー世代がイメージしやすいように、例をあげると縁日の露店で販売されていた蛍光塗料のガイコツのキーホルダーのような発光をする。

ハードの中身はゲームボーイポケットなので、対応ゲームソフトを差し込めば、普通にゲームを遊ぶことができる。

正直、本体が光るからと言って、暗闇の中でゲームができる訳でもなく、あえて良さをあげるならば、非売品で製造数が少なく、プレミアム性が高いということ、あとは、ゲームをしながら寝落ちした時に、周りが暗闇でもゲームボーイが光っているので、トイレに行くときに、うっかり踏むことがない。

このハードは市販されていないので、通常は購入することができないが、ヤフオク等のオークションサイトやAmazonのマーケットプレイスで稀に出品されていることがある。ゲームハードコレクターにはおすすめの逸品である。

とにかく、非売品かつキャンペーン賞品なので、所有者が少ないが、貴重な写真があるので、紹介しておこう。

【写真1】左が普通の状態、右が暗闇の中で本体が光る様子
光るゲームボーイ
【写真2】『光るゲームボーイ』のパッケージ。
光るゲームボーイ

ゲームボーイポケットは、いまや現役のハードではないので、まずは、ゲームで遊ぶひとは少ないと思うが、wiki(ウィキペディア)にも掲載されていない幻のハードであることは間違いないので、ハードコレクターは血眼になって探すといいかもしれない。